HOME > 造園家への登竜門 「全国造園デザインコンクール」

造園家への登竜門 「全国造園デザインコンクール」

■ 全国造園デザインコンクールとは

     

主催: (一社)日本造園建設業協会

     

共催: (一社)ランドスケープコンサルタンツ協会
     全国高等学校造園教育研究協議会

     

後援: 文部科学省
     国土交通省
     全国農業高等学校長協会
     (公社)日本造園学会
    

     

 全国造園デザインコンクールは昭和49年にはじまり、造園のデザインと製図技術の向上を図るために行っています。
 造園学科を持つ学校の授業の一環として、また造園家を目指す一つの目標として、親しまれています。
 応募条件を一般・大学生・高校生の3部に分け、課題は 「住宅庭園」「街区公園」「商業施設」「実習作品」の4部門で構成しています。

     

■ 応募方法

第44回『全国造園デザインコンクール』は終了しました。

■課題
A 商業施設部門は、昨年度の立売飲食店が無くなり、プラザと建物壁面が造園計画になりました。
B 商業施設部門の製図は、全体平面図1/500・部分平面図1/200が計画になりました。
C その他、大きな変更はございません。

ページ 内 容
P1,2 主催者、趣旨、応募資格、応募課題(概要)、入選発表・賞、応募期間・送り先、その他
P3〜5 A.住宅庭園部門(個人住宅庭園):要領・課題図
P6,7 B.街区公園部門(街区公園):要領・課題図
P8,9 C.商業施設部門(複合商業施設に面した屋外空間):要領・課題図
P10 D.実習作品部門:要領
P11,12 応募票貼付方・応募票・応募作品チェックリスト
P1〜P12 一括ファイル
応募図面1 A.住宅庭園部門:課題図
応募図面2 C.商業施設部門:課題図

■応募の際の注意事項(特に図面について)
応募要項は、毎年変わっています。必ず最新の応募要項をご覧下さい。
毎年、応募要項の規程から外れた図面の応募があります。せっかく応募して頂いても、規程から外れていると審査対象から外されてしまいます。ご注意下さい。

【例】
・4部門すべて、A1サイズ(841mm×594mm)です。
※上記のサイズを必ず確認してご応募下さい。

・表題のタイトルが違う
住宅庭園設計図や街区公園設計図としたものが多く見られますが、現在、それぞれ次のようになっています。
住宅庭園計画図、街区公園計画図、商業施設造園計画図、実習作品

・その他
縮尺や方位のまちがい
方位、バースケール、縮尺表記などが無い
計画地の敷地、形状寸法などがまちがっている など

■応募要項のお取り寄せについて
応募要項が必要な方は、送付先(郵便番号・住所・会社名・学校名・氏名等)及び連絡先(電話番号・メールアドレス等)を明記し、郵送、ファックスまたはEメールでお申し込み下さい(お電話での受付はしておりません)。
1ヶ所につき、1部お送りいたします(無料)。
送付は7月中旬以降になります。
お申し込みの際に頂いた個人情報は、応募要項の送付以外には使用いたしません。

【申し込み先】
(一社)日本造園建設業協会 デザコン係
  〒113-0033東京都文京区本郷3丁目15番2号 本郷二村ビル4階
  TEL:03-5684-0011 FAX:03-5684-0012

■応募作品の返却について
応募作品は申込校から依頼ある場合返却いたします。
1.返却は3月20日から学校単位でファクス、メールにて申込下さい。
2.入選作品は日造協、造園学会の展示会が終了する11月以降になり別途申し込み下さい。
3.申し込みは上記お問い合わせを利用してください。


PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。下のアイコンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご参照下さい。

アクロバットリーダーホームページへ

■ 第44回 審査結果

  『第44回全国造園デザインコンクール』は、高校35校、大学17校、一般3から応募いただき、「住宅庭園部門」に一般・大学32、高校161、「街区公園部門」に一般・大学28、高校58、「商業施設部門」に一般・大学13、高校14、「実習作品部門」に一般・大学9、高校14 の合わせて、329 点の応募があり、入選26 点、佳作21 点、奨学賞21 点が選ばれました。
表彰式は2月17日(土)東京都千代田区二番町、東京グリーンパレスにて開催され、文部科学大臣賞を受賞した山梨県立農林高等学校と、入選・佳作28作品のうち特別賞6作品の受賞者への賞状の授与と、受賞者作品発表を行ないました。
 表彰式は冒頭、主催者より藤巻司郎日造協会長があいさつ。
受賞者へのお祝いとともに指導された先生方や関係者への感謝、今後のコンクールの発展と社会への貢献に向けた期待を述べた。
 次いで、田畑淳一文部科学省初等中等教育局児童生徒課産業教育振興室教科調査官、古澤達也国土交通省都市局公園緑地・景観課緑地環境室長が祝辞を述べ、特別賞の授与、受賞者による作品発表が行われた。
最後に審査委員長の藤井英二郎千葉大学園芸学部名誉教授が講評を述べ、受賞者と審査員等関係者での記念撮影を行い閉会した。

受賞者と関係者で記念撮影
(敬称略)
特別賞
文部科学大臣賞
 山梨県立農林高等学校
国土交通大臣賞
 石田 将隆 西日本短期大学
 大学生の部 実習作品部門
作品
(公社)日本造園学会会長賞
 岡部 隼 E&Gアカデミー青山校
 大学生の部 住宅庭園部門
作品
(一社)日本造園建設業協会会長賞
 田中 愛乃 長野県須坂創成高等学校
 高校生の部 商業施設部門
作品
(一社)ランドスケープコンサルタンツ協会会長賞
 安藤 楓  埼玉県立児玉白楊高等学校
 高校生の部 実習作品部門
作品
全国農業高等学校長協会理事長賞
 廣瀬 琳  山梨県立農林高等学校
 高校生の部 街区公園部門
作品
全国高等学校造園教育研究協議会会長賞
 石橋 陸人 山梨県立農林高等学校
 高校生の部 住宅庭園部門
作品
入 選 (26点)
【高校生の部】(21点)
■住宅庭園部門
石橋 陸人
全国高等学校造園教育研究協議会会長賞
山梨県立農林高等学校 造園緑地科 3年 作品
廣田 竜來 滋賀県立八日市南高等学校 花緑デザイン科 3年 作品
村上 祐佳里 山口県立宇部西高等学校 総合学科 3年 作品
廣嶋 美優 奈良県立磯城野高等学校 環境デザイン科 3年 作品
小西 優香 滋賀県立湖南農業高等学校 花緑科 3年 作品
砂坂 天音 滋賀県立湖南農業高等学校 花緑科 3年 作品
田部井慎太・齋藤光亮 群馬県立大泉高等学校 生物生産科 2年 作品
■街区公園部門
廣瀬 琳
全国農業高等学校長協会理事長賞
山梨県立農林高等学校 造園緑地科 2年 作品
青柳 恵奈 山梨県立農林高等学校 造園緑地科 2年 作品
久保田 若葉 山梨県立農林高等学校 造園緑地科 2年 作品
中川 憧子 東京都立農業高等学校 緑地計画科 3年 作品
中嶋 幸子 滋賀県立湖南農業高等学校 花緑科 3年 作品
木村 舞美 神奈川県立相原高等学校 環境緑地科 3年 作品
■商業施設部門
田中 愛乃
(一社)日本造園建設業協会会長賞
長野県須坂創成高等学校 農業科 3年 作品
北沢 沙稀 長野県須坂創成高等学校 農業科 3年 作品
坂口 遼 長野県須坂創成高等学校 農業科 3年 作品
塩谷 颯 埼玉県立いずみ高等学校 環境デザイン科 3年 作品
■実習作品部門
安藤 楓
(一社)
ランドスケープコンサルタンツ協会会長賞
埼玉県立児玉白楊高等学校 環境デザイン科 3年 作品
加藤 純弥
審査委員長賞
滋賀県立湖南農業高等学校 花緑科 3年 作品
M田 晃輔 京都府立農芸高等学校 環境緑地科 3年 作品
矢 和希 京都府立農芸高等学校 環境緑地科 3年 作品
【大学生の部】(5点)
■住宅庭園部門
岡部 隼
(公社)日本造園学会会長賞
E&Gアカデミー青山校 全日コース 1年 作品
細野 駿 E&Gアカデミー青山校 全日コース 1年 作品
片山 東子 E&Gアカデミー青山校 全日コース 1年 作品
■実習作品部門
石田 将隆
国土交通大臣賞
西日本短期大学 緑地環境学科 2年 作品
石田 将隆 西日本短期大学 緑地環境学科 2年 作品
佳 作(21点)
【高校生の部】(10点)
■住宅庭園部門
依田 恵佳 長野県須坂創成高等学校 農業科 3年 作品
小池 真世 長野県須坂創成高等学校 農業科 2年 作品
小椋 茉侑加 滋賀県立八日市南高等学校 花緑デザイン科 3年 作品
河ア 哲平 山口県立宇部西高等学校 総合学科 3年 作品
■街区公園部門
野澤 樹 滋賀県立八日市南高等学校 花緑デザイン科 3年 作品
藤原 育子 鳥取県立米子工業高等学校 建設科建築コース 3年 作品
野末 莞永 静岡県立静岡農業高等学校 環境科学科 3年 作品
小牧 優花 神奈川県立相原高等学校 環境緑地科 2年 作品
■商業施設部門
小森 未結 滋賀県立八日市南高等学校 花緑デザイン科 3年 作品
■実習作品部門
村上 祐佳里 山口県立宇部西高等学校 総合学科 3年 作品
【大学生の部】(11点)
■住宅庭園部門
前田 縫子 E&Gアカデミー青山校 全日コース 1年 作品
加藤 操 E&Gアカデミー青山校 全日コース 1年 作品
金城 美里 E&Gアカデミー青山校 全日コース 1年 作品
榎本 幹也 中央工学校 造園デザイン科 2年 作品
■街区公園部門
工藤 沙紀 九州産業大学 デザイン学科空間デザインコース 3年 作品
朝永 佳那子 南九州大学 環境園芸学科 3年 作品
■商業施設部門
前田 華奈 中央工学校 造園デザイン科 2年 作品
■実習作品部門
吉田 和博 日本工学院八王子専門学校 土木・造園科 2年 作品
梅澤 遥 中央工学校 造園デザイン科 2年 作品
城 くるみ・川原 瑠依紗 工学院大学大学院 工学研究科建築学専攻 2年 作品
梶原 彩未 西日本短期大学 緑地環境学科 2年 作品
奨学賞(21点)
【高校生の部】
■住宅庭園部門
濱野 夕希 岡山県立興陽高等学校 造園デザイン科 3年
岩城 壮真 山口県立田布施農工高等学校 環境土木科 3年
鶴岡 詩月 神奈川県立中央農業高等学校 園芸科学科 3年
三浦 龍 長野県上伊那農業高等学校 緑地創造科 3年
福本 和 鳥取県立鳥取湖陵高等学校 緑地デザイン科 3年
高橋 一渓 群馬県立勢多農林高等学校 緑地土木科 3年
飛土 祥大 愛媛県立伊予農業高等学校 環境開発科 3年
井上 礼智 岐阜県立加茂農林高等学校 環境デザイン科 3年
■街区公園部門
松納 聖奈 埼玉県立杉戸農業高等学校 造園科 3年
新田 智也 茨城県立石岡第一高等学校 造園科 3年
葛西 愛叶 北海道岩見沢農業高校 環境造園科 3年
藤本 美優 新潟県立上越総合技術高等学校 建築デザイン科 3年
■商業施設部門
原拓海・藤田宏樹 兵庫県立尼崎工業高等学校 建築科 3年
齋藤 璃々 福島県立福島明成高等学校 食品科学科 3年
鈴木 希悠 学習院高等科 普通科 1年
■実習作品部門
平賀 若菜 岩手県立花巻農業高等学校 環境科学科 3年
秋廣 颯平 島根県立松江農林高等学校 環境土木科 3年
寺尾 茜 香川県立石田高等学校 園芸デザイン科 3年
清水 美里 栃木県立小山北桜高等学校 造園土木科 3年
中嶋 洸太 長野県南安曇農業高等学校 環境クリエイト科 3年
浅野 楓 三重県立四日市農芸高等学校 環境造園科 3年

■ 第44回 審査講評

『第44回全国造園デザインコンクール』表彰式の終了後に掲載いたします。
藤井 英二郎委員長
(千葉大学園芸学部名誉教授)

 第44 回の応募総数は329 点で、前回より少し減りました。
多くの方々の献身的なご努力で半世紀近くも続いている伝統のコンクールですので、さらに多くの応募を期待します。
 応募数の割合は、例年、住宅庭園が6割、街区公園が2、3割、商業施設と実習作品がともに1割弱ですので、実習作品数は少ないのですが、優れた作品が多く見られました。
設計から施工までみんなで知恵と力を出し合って技や美に集約する楽しさが伝わってきました。
教育効果も大きいと思います。
最も応募数の多い住宅庭園にもこれまで同様、拘りの提案が見られ、夢が感じられました。
街区公園では、高校生の健闘は光るものの、大学生の応募案はここ数年同様いまひとつです。
周辺の土地利用を踏まえながら地域の核となる空間の提案を待っています。
商業施設はややもすれば画一的な空間になりがちですが、数が増えると同時に個性や違いが求められます。
成熟した社会に相応しい商業施設の広場案を期待しています。

田畑 淳一委員
(文部科学省初等中等教育局児童生徒課産業教育振興室教科調査官)  第44 回全国造園デザインコンクールに入選された皆様、誠におめでとうございます。
今年度の文部科学大臣賞は、入賞数と複数の特別賞を受賞された山梨県立農林高等学校が連覇となりました。
生徒の個性を大切にしながら各部門できめ細やかに指導されていることが高く評価されました。
   応募された作品は、皆様の日頃の努力と学習の成果を見ることができ、素晴らしい作品ばかりでした。
これまでの皆様の努力に敬意を表し、ご指導いただいた先生方に改めて感謝を申し上げます。
 さて、作品制作には日頃から自らの思考力、判断力、表現力を身に付ける姿勢や感性を高める体験、基礎的・基本的な技術鍛錬など地道な取り組みの積み重ねが必要です。
その目標となるよう全国農業高等学校長協会で、「アグリマイスター顕彰制度」を一昨年度創設されました。
 全国造園デザインコンクールは、最優秀賞が30 点、入選が12 点、佳作が4点とポイントが加算されます。
生徒の皆様、これからも目標を持ちつつ日頃の学習に取り組んでください。
 今後も当コンクールが発展し、農業教育および造園教育の礎になることを祈念し講評とします。

古澤 達也委員
(国土交通省都市局公園緑地・景観課緑地環境室長 )

 第44 回全国造園デザインコンクールの授賞者の皆様、誠におめでとうございます。
 国土交通大臣賞は、実習作品部門から西日本短期大学の石田将隆さんの作品「玄関前のつなぐ庭」が受賞されました。
昨年に引き続き、実習作品部門からの選出です。
この作品は、福岡市植物園内のモデル庭園として設置されたもので、「市民が自分でも作りたくなるようなモデルガーデン」として提案されています。
 審査会では、@玄関前の緑化によるまちなみへの参加・貢献という明快なコンセプト、Aアイディアからデザインへの落とし込み・設計の詳細検討・市との打ち合わせ・施工に至る一連のプロセスが写真と図面により分かりやすく取りまとめられていること、B出来上がった作品は、福岡市の要請どおり、市民にも手が届く現実的な庭であることが高く評価されました。
 指導に当たられた先生方に心より敬意を表しますとともに、素晴らしい作品を作り上げた皆様の今後の活躍をご期待申し上げます。

篠沢 健太委員
((公社)日本造園学会理事)

 本案は、住戸周囲の生垣と棚を組み合わせ、住宅内部の居住空間の快適さをそっくりそのまま庭にも生み出しています。
 2種類の混ぜ垣にはめ込まれた棚類は単に収納として機能するだけでなく、キッチンガーデンや菜園の「場」を生み出しています。
 南側のアウトドアリビングと北側の勝手口を繋ぐデッキも使い心地もよさそうで、住民の活動が想像できます。
同時にこれらの棚はまちに開く「窓」にもなっています。
 街並みに配慮しつつ足元に配置したり、住戸側から開閉が選択できるスクリーンを併用した細やかな配慮も印象的でした。
 日本造園学会賞にふさわしいと判断しました。

渡邉 清美委員
(全国高等学校造園教育研究協議会理事長)

 今年もたくさんのご応募をいただきありがとうございました。
高校の応募数が247 点と年々、応募数が減っているのが気になりますが、街区公園や商業施設の作品のレベルが向上し、特に実習作品は甲乙つけがたい力作が多く見られました。
 今回、農業校長協会理事長賞の作品は、集合住宅から見た公園として開放感と細部まで工夫された今までにない視点での作品でした。
 また、協議会長賞の作品は、小動物を庭園施設として捉えた新しい発想でのデザインでした。
ともに高校生らしい豊かで斬新な着想と表現力の作品でした。
ぜひ、次回もたくさんの応募を期待しています。

伊藤 文喜委員
(全国高等学校造園教育研究協議会副理事長)

 今年度の応募作品も時間をかけたレベルの高い作品が多く、出展された皆様の努力とともに各校におけるご指導の賜物と感謝しております。
 特に高校生の部においては繊細で美しく仕上げられている作品が多く、製図力の高さを感じました。
また、住環境と自然の多様な要素をうまく関連させたテーマも多く、デザインに斬新さを感じました。
このように、図面上おいて造園の様式や技術と、造園空間の利用方法への思考力を表現する成果物として、これからも創造性豊かなたくさんの応募をご期待申し上げます。

萩野 一彦委員
((一社)ランドスケープコンサルタンツ協会理事・技術委員会委員長)

 (一社)ランドスケープコンサルタンツ協会会長賞は、全作品の中で、着想・デザイン等の最も優れた作品として、埼玉県立児玉白楊高等学校の安藤楓さんの「木村九蔵庭園」が受賞されました。
 この作品は、その土地の特性を十分把握して、造園デザインによって土砂流出という課題を解決した、いわばグリーンインフラによる防災対策を行ったものであり、恒久的整備であることから大変リアリティのある作品です。
 駐車場との境界にある既存の土留め擁壁は、端部の形状が景観的にも問題があるばかりか、盛りこぼしにより土砂流出を招いていました。
この土留め擁壁を回り込むように斜面に階段を設け庭園的にデザインしています。
そして、擁壁には手をつけずも、上部の庭を囲む塀のように印象を生まれ変わらせています。
回り込む階段から庭全体を円でまとめていることも、うまくいっています。
 機能と美の相乗効果を見事に生み出していて、プロの設計者顔負けのコンセプトとデザインであり、 高校生がここまでできるものかと大変感心しました。

卯之原 昇委員
((一社)日本造園建設業協会業務執行理事・技術委員長)

 今年度の日造協会長賞は、高校生247作品の中から計画、施工、利用について最も優れた作品として、商業施設部門に応募された田中愛乃さん(須坂創成高校)の「緑の図書館」が受賞されました。
 プラザ部の読書空間にはブックスペー(一社)日本造園建設業協会会長賞田中 愛乃 長野県須坂創成高等学校(一社)ランドスケープコンサルタンツ協会会長賞安藤 楓 埼玉県立児玉白楊高等学校(公社)日本造園学会会長賞岡部 隼 E&Gアカデミース、多目的空間はデッキと芝生を配し、バリアフリー化されさまざまな人々が利用できる計画でした。
また、他部門にもたくさんのアイデア作品がありましたが、奇抜過ぎや施工、利用性でもう少し工夫が必要かと思います。
 今回も全329 点の応募をいただき、応募者そして指導者の皆様に感謝するとともにこれからも多くの作品を応募されることをお願い致します。

正本 大委員
((一社)日本造園建設業協会業務執行理事・事業委員長)

 今回も多くの力作が寄せられ、審査委員としては選考に当たり大変苦慮致しました。
本事業の担当委員長として、全体的な思いを書かせていただきます。
 設計を実施するに当たって、基本となる決まり事や法的な配慮も必要です。
しかしながら、これからの時代を担う方たちの「こんな空間があったらな…」という自由な発想も大事にしていただきたいと思います。
制作を通じて、造園の難しさや楽しさを感じ取ってもらえれば幸いです。
 出展数は微減となりましたが、新たに参加をいただいた学校も10 校ありました。
大変ありがたく感じております。
 本コンクールが学生や造園設計に取り組む皆様にとって、より魅力あるものに成長させていけるよう取り組んで参ります。
次年度もさらに多くの思いの込められた作品をお待ちしております。

■ 第43回 審査結果

『第43回全国造園デザインコンクール』表彰式は平成29年2月4日(土)東京都千代田区二番町 東京グリーンパレスにて開催さました。
文部科学大臣賞を受賞した山梨県立農林高等学校と、入選・佳作28作品のうち特別賞6作品の受賞者への賞状の授与と、受賞者作品発表を行いました。
 表彰式は冒頭、主催者より藤巻司郎日造協会長があいさつ。
受賞者へのお祝いと指導された先生方や関係者への感謝、今後のコンクールの発展と社会への貢献に向けた期待を述べた。
 次いで、田畑淳一文部科学省初等中等教育局児童生徒課産業教育振興室教科調査官、望月一彦国土交通省都市局公園緑地・景観課緑地環境室国際緑地環境対策官が祝辞を述べ、特別賞の授与、受賞者による作品発表が行われ、審査委員長の藤井英二郎千葉大学園芸学部名誉教授が講評。
最後に受賞者と審査員等関係者での記念撮影を行い閉会した。

受賞者と関係者で記念撮影
(敬称略)
特別賞
文部科学大臣賞
 山梨県立農林高等学校
国土交通大臣賞
 真鍋 幹汰 山口県立宇部西高等学校
 高校生の部 実習作品部門
作品
(公社)日本造園学会会長賞
 小牧 祐介 E&Gアカデミー 
 高校生の部 住宅庭園部門
作品
(一社)日本造園建設業協会会長賞
 望月 福太郎 山梨県立農林高等学校
 高校生の部 住宅庭園部門
作品
(一社)ランドスケープコンサルタンツ協会会長賞
 畑山 菜乃 国学院大学久我山高等学校
 高校生の部 住宅庭園部門
作品
全国農業高等学校長協会理事長賞
 清水 菜央 山梨県立農林高等学校
 高校生の部 街区公園部門
作品
全国高等学校造園教育研究協議会会長賞
 平野 庄太郎 滋賀県立湖南農業高等学校
 高校生の部 住宅庭園部門
作品
入 選 (18点)
【大学生の部】(4点)
■住宅庭園部門
小牧 祐介 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
松浦 麻子 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
■実習作品部門
片岡 愛子 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
江上 亜耶花 西日本短期大学 緑地環境学科 2年 作品
【高校生の部】(14点)
■住宅庭園部門
畑山 菜乃 国学院大学久我山高等学校 STクラス 2年 作品
望月 福太郎 山梨県立農林高等学校 造園緑地科 3年 作品
丸山 紗英 長野県須坂園芸・須坂創成高等学校 造園科 3年 作品
佐山 花摘 滋賀県立湖南農業高等学校 花緑科 3年 作品
平野 庄太郎 滋賀県立湖南農業高等学校 花緑科 3年 作品
蛭田 汐香 奈良県立磯城野高等学校 環境デザイン科 3年 作品
上総 泰布 広島県立西条農業高等学校 緑地土木科 3年 作品
■街区公園部門
清水 菜央 山梨県立農林高等学校 造園緑地科 3年 作品
石橋 陸人 山梨県立農林高等学校 造園緑地科 2年 作品
増田 彩夏 長野県須坂園芸・須坂創成高等学校 造園科 3年 作品
■商業施設部門
小林 ひかり 長野県須坂園芸・須坂創成高等学校 造園科 3年 作品
■実習作品部門
山口 魁人 京都府立農芸高等学校 環境緑地科 3年 作品
平野 庄太郎 滋賀県立湖南農業高等学校 花緑科 3年 作品
真鍋 幹汰 山口県立宇部西高等学校 総合学科 3年 作品
佳 作(10点)
【大学生の部】(4点)
■住宅庭園部門
曽我尾 萌 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
宮田 恵理子 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
■商業施設部門
品田 涼佑 日本ガーデンデザイン専門学校 ガーデンデザイン科 2年 作品
■実習作品部門
石原 洸太 専門学校職藝学院 環境職藝科 2年 作品
【高校生の部】(6点)
■住宅庭園部門
田村 颯史 滋賀県立八日市南高等学校 花緑デザイン科 3年 作品
■街区公園部門
小野田 真美 愛知県立猿投農林高等学校 環境デザイン科 3年 作品
■商業施設部門
栗田 結衣 静岡県立静岡農業高等学校 環境科学科 3年 作品
丹羽 美月樹 愛知県立猿投農林高等学校 環境デザイン科 3年 作品
■実習作品部門
浅沼 悠太 岩手県立花巻農業高等学校 環境科学科 3年 作品
藤井 幹太 広島県立西条農業高等学校 緑地土木科 3年 作品
奨学賞 (21点)
【高校生の部】
■住宅庭園部門
山口 唯 埼玉県立児玉白楊高等学校 環境デザイン科 3年
黒岩 侑加 群馬県立勢多農林高等学校 緑地土木科 2年
中里 春香 群馬県立大泉高等学校 生物生産科 2年
古畑 朝望 長野県上伊那農業高等学校 緑地創造科 3年
藤崎 梨奈 岐阜県立加茂農林高等学校 環境デザイン科 3年
米田 祐大 愛媛県立伊予農業高等学校 境開発科(緑地類型) 3年
山根 康輝 岡山県立興陽高等学校 造園デザイン科 3年
石田 航平 鳥取県立鳥取湖陵高等学校 緑地デザイン科 3年
■街区公園部門
篠田 潤 茨城県立石岡第一高等学校 造園科 3年
芳田 侑香 埼玉県立いずみ高等学校 環境デザイン科 3年
濱 優太 山梨県立北杜高等学校 総合学科 環境工学系列 3年
鶴田 萌木 東京都立農芸高等学校 緑地環境科 3年
奥森 七海 神奈川県立相原高等学校 環境緑地科 2年
横田 尋 新潟県立上越総合技術高等学校 建築・デザイン科 建築システムコース 3年
田代 蘭 静岡県立科学技術高等学校 都市基盤工学科 3年
柳田 大輝 石川県立小松工業高等学校 建設科 3年
■商業施設部門
早川 翔, 芝野裕斗 兵庫県立尼崎工業高等学校 建築科 3年
■実習作品部門
荒井 菜摘 北海道岩見沢農業高等学校 環境造園科 3年
松永 貴也 栃木県立小山北桜高等学校 造園土木科 3年
菱山 優佳里 東京都立農業高等学校 緑地計画科 3年
山田 一貴 長野県南安曇農業高等学校 環境クリエイト科 3年
中久木 美月 三重県立四日市農芸高等学校 環境造園科 3年
水田 大翔 香川県立石田高等学校 園芸デザイン科 3年
保科 舞 島根県立松江農林高等学校 環境土木科 3年

■ 第43回 審査講評

藤井英二郎 委員長
(千葉大学園芸学部教授)

 今回の応募数は342 件で、昨年(439件)より百件近く減りました。
 応募頂いた高校や大学の数は増加傾向にありますので、次回はより多くの応募を期待しております。
 応募数が最も多い高校生の住宅庭園部門は昨年・今年と少し物足りなかったのですが、今年は普通高校の生徒さんから従来になかった新しい試みが提案されました。
 人口減少時代に入り、空き家対策も課題になってきていますので、経営の観点も取り込んだ夢のある住宅庭園も提案して下さい。
 一方、高校生の街区公園設計は質が向上しましたし、さらに実習では優れた作品が多くなりました。
 実習では設計内容をそのまま施工するのではなく、施工過程でもより良い空間にする拘りが求められます。
 大学生では従来、街区公園で優れた設計が多かったのですが、今回は見劣りしました。
 高校生に比べて経験も多く、分析力や情報を総合して具体化する力も高いはずですので、次回は地域の魅力を増すような街区公園の設計を期待しています。

田畑淳一 委員
(文部科学省初等中等教育局児童生徒課産業教育振興室教科調査官)

 第43 回全国造園デザインコンクールが平成28 年度も関係各位の御尽力で成功裏に開催できたことにこの場を借りて感謝申し上げます。
 応募された作品には、生徒の皆さんの日頃の学習の成果と作品を仕上げるひたむきに努力する姿を随所に感じたいへんうれしく思いました。
 これまでの皆さんの努力と御指導いただいた先生方に改めて敬意を表します。
 昨今、学校教育では、学習の中で「思考力・判断力・表現力の育成」を念頭にした教育活動の重要性が問われていますが、実学を通して学ぶ農業学習の本質がこの造園デザインコンクールに凝縮されていると言っても過言ではないと私は考えます。
 作品制作には、農業学習だけでなく日頃から常に感性を高めるトレーニングや基礎的・基本的な技術習得が必要で、地道な取り組みが不可欠であります。
 そして、その知識や技術を活かし、図面を仕上げていくことになります。
 この一連の流れが生徒の皆さんの「思考力・判断力・表現力を育成」につながっているわけです。
 その集大成が実習作品ともいえます。
 地域のイベントや文化祭等で作成する機会や課題研究等による卒業制作等をうまく活用することで挑戦できる内容であり、学習成果を外部で評価いただく機会として捉えれば、教育的視点で応募へ向けた学習計画を整理することも必要ではないかと思います。
 今年度の応募数は、昨年度よりも減少したものの、新しい学校からの応募があり、裾野が少し広がっていることを感じました。
 審査は、作品の完成度が高く上位は特に甲乙つけがたく長時間になりました。
 今年度の文部科学大臣賞は、僅差でしたが各作品の評価が高く、各部門で丁寧な指導をされていた山梨県立農林高等学校を選出しました。
 この3年間、各校の指導力も向上し、指導者も世代交代に入ってきたことから、毎年、文部科学大臣賞の受賞校が代わっています。
 次年度へ向け他校の指導力向上に期待しています。
 当コンクールの更なる充実・発展を祈念し講評とします。

古澤 達也 委員
(国土交通省都市局公園緑地・景観課緑地環境室長 )

 第43 回全国造園デザインコンクールに入選等された皆様、誠におめでとうございます。
 国土交通大臣賞は、実習作品部門から山口県立宇部西高等学校の真鍋幹汰さんの実習作品「TRY 〜新たな挑戦」が受賞されました。
 実習作品部門からの受賞は初めてとなります。
 この作品は、文化祭に訪れる来校者の方々に対するおもてなし空間として設計・施工されたもので、本格的な庭園工事のプロセスと質の高い出来栄えが評価されました。
 施工時に留意した点が写真とともにわかりやすく整理されていたほか、既存木を庭園の背景に巧みに取り入れて奥行きを表現している点や、現地の状況に応じて設計図面の飛石の配置を修正しつつ敷設を行っている点など、設計コンセプトを現場の応用力で解決していく取り組みも評価されました。
 指導に当たられた先生方に心より敬意を表しますとともに、次世代を担う高校生の皆様の今後のご活躍をご期待申し上げます。

篠沢健太 委員
((公社)日本造園学会理事)

 本案は、住宅の広い屋根に雨水集水の可能性を見出し、庭に複雑な高低差を生み出しつつ水の流れや動線を無理なく繋いで、各所に多様な水の景を生み出しています。
 また水は途中、壁の向こうの駐車場へ流れ出し、駐車場もまちのコミュニティスペースとするなど、工夫されています。
 雨水利用の技術・発想は新しくはないですが、特殊例からの一般化、「普遍の技術」への展開にはまだ課題が残る分野です。
 「雨を待つ」日常生活と「雨街」の広がりを見据えた本案は我が国のグリーン・インフラの展開への大きな可能性が感じられ、日本造園学会会長賞に相応しいと判断しました。

渡邉 清美 委員
(全国高等学校造園教育研究協議会理事長)

 今回も多くの作品を応募いただき誠にありがとうございました。
 高校生の応募が減少し、特に商業施設の応募が少ないのは残念ですが、一つ一つの作品を見ると周囲の環境や各空間との繋がりが考慮した作品が見られ、丁寧に課題に取り組んだ姿が伺えました。
 全国農業高等学校長協会理事長賞に山梨県立農林高校の清水菜央さん、全国高等学校造園教育研究協議会会長賞に滋賀県立湖南農業高校の平野庄太郎君が授賞されました。
 ともに高校生らしく、家族や地域との絆をテーマに周囲の環境が考慮されるなど細部まで工夫され、普段の学習の姿勢が伺える作品でした。
 次回も多数の素晴らしい作品の応募を期待しております。

伊藤 文喜 委員
(全国高等学校造園教育研究協議会副理事長)

 今年も数多くの応募をいただき、ありがとうございました。
 住宅庭園、街区公園の高校生の作品において、とても素晴らしいコンセプトと、時間をかけた丁寧な図面に日ごろの努力の成果を見ることができました。
 対して、大学生の図面では総合的に見劣りするものが多く、高度な研究から得られた知識を盛り込んだ作品を期待したいと思います。
 商業施設では全体に少ない応募数でした。
 身近な生活空間の一部として関心を持っていただき、課題が示す趣旨をよく考えた上で積極的に取り組んでいただきたいと思います。

萩野一彦 委員
((一社)ランドスケープコンサルタンツ協会理事・技術委員会委員長)

 (一社)ランドスケープコンサルタンツ協会会長賞は、全作品の中で、着想・デザイン等の最も優れた作品として、国学院大学久我山高等学校の畑山菜乃さんの「働いてくれる庭」が受賞されました。
 この作品は、庭のデザインというよりむしろ、街のランドスケープデザインというべき作品です。
 街に潤いを与えていた良好な庭が、ある日殺風景な貸し駐車場に変わってしまったという、身近に起こった都市部の戸建住宅地にありがちな課題を捉え、日本の社会が抱える問題の解決に向けて、このデザインコンクールの課題を利用して見事に提案しています。
 駐車場の収入で管理費も賄おうという経営の視点も特徴的です。
 普通科の高校で指導を受ける先生もいない中、センスの良いエスキースや植栽(一社)日本造園建設業協会会長賞望月 福太郎 山梨県立農林高等学校(一社)ランドスケープコンサルタンツ協会会長賞畑山 菜乃 国学院大学久我山高等学校(公社)日本造園学会会長賞小牧 祐介 E&Gアカデミーも独学で知識習得していることを含め、その感性と姿勢に感心させられました。
 我々審査員もこの課題のあり方について考えさせられる、新しい着想の素晴しい作品でした。

卯之原昇 委員
((一社)日本造園建設業協会業務執行理事・技術委員長)

 今年度は、高校生の部で新規応募校が12 校増え、作品総数342 点という多くの応募をいただきました。
 日造協会長賞は、全作品の中から設計・施工・利用について最も優れた作品として、住宅庭園部門の望月福太郎さん(山梨県立農林高等学校)の「五感を刺激されることで生活に潤いがもたらされる庭」が受賞されました。
 作品は、庭で家族団欒ができ、ウッドデッキから庭に降りると、花木・水・鳥などが身近にあり、季節の移り変わりを五感で感じることができる作品でした。
 毎年、沢山の作品を出展していただき、応募者や指導者の皆様に感謝すると共に、多くの皆様が造園業界に入職され活躍されることを期待しております。

正本 大 委員
((一社)日本造園建設業協会業務執行理事・事業委員長)

 これまではコンクールに主催運営側として参加していましたが、このたびは審査側も兼務させて頂きました。
 300を超える力作の中から選考していくのは非常に集中力を要しました。
 一つ一つの作品には相当な時間と知恵、労力を要するものです。
 応募くださった皆様に感謝と敬意を表します。
 本コンクールが回を重ねるごとに充実し、双方にとって前向きなものになっていくには、未来へのステップに対してのインセンティブ付与の検討なども必要です。
 受賞をきっかけにまたチャレンジしてもらえるコンクールで有りたいと思います。
 この場を通じて関係各位の多大なるご協力に感謝申し上げます。

■ 第42回 審査結果

第42回全国造園デザインコンクールの表彰式を2月13日(土)東京都千代田区麹町、弘済会館にて開催されました。
文部科学大臣賞を受賞した滋賀県立八日市南高等学校と、入選・佳作28作品のうち特別賞6作品の受賞者への賞状の授与と、受賞者作品発表を行った。
 表彰式は冒頭、主催者より藤巻司郎日造協会長があいさつ。
受賞者へのお祝いと指導された先生方や関係者への感謝、今後のコンクールの発展と社会への貢献に向けた期待を述べた。
 次いで、田畑淳一文部科学省初等中等教育局児童生徒課産業教育振興室教科調査官、町田誠国土交通省都市局公園緑地・景観課緑地環境室長が祝辞を述べ、特別賞の授与、受賞者による作品発表が行われ、審査委員長の藤井英二郎千葉大学園芸学部教授が講評。
最後に受賞者と審査員等関係者での記念撮影を行い閉会した。

受賞者と関係者で記念撮影
(敬称略)
特別賞
文部科学大臣賞
 滋賀県立八日市南高等学校
国土交通大臣賞
 瀧山 若菜 滋賀県立八日市南高等学校
 高校生の部 街区公園部門
作品
(公社)日本造園学会会長賞
 相澤 那樹 東北工業大学大学院 
 大学生の部 商業施設部門
作品
(一社)日本造園建設業協会会長賞
 和田 優一 滋賀県立湖南農業高等学校
 高校生の部 住宅庭園部門
作品
(一社)ランドスケープコンサルタンツ協会会長賞
 神田 奈緒 西日本短期大学
 大学生の部 実習作品部門
作品
全国農業高等学校長協会理事長賞
 伊藤 亮平 山口県立宇部西高等学校
 高校生の部 実習作品部門
作品
全国高等学校造園教育研究協議会会長賞
 稲本 克基 奈良県立磯城野高等学校
 高校生の部 住宅庭園部門
作品
入 選 (18点)
【大学生の部】(5点)
■住宅庭園部門
竹内 徹 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
比企 豊 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
■商業施設部門
相澤 那樹 東北工業大学大学院 工学研究科建築学専攻 2年 作品
■実習作品部門
神田 奈緒 西日本短期大学 緑地環境学科 2年 作品
上田 優介 中央工学校 造園デザイン科 2年 作品
【高校生の部】(13点)
■住宅庭園部門
池田 悟 奈良県立磯城野高等学校 環境デザイン科 3年 作品
稲本 克基 奈良県立磯城野高等学校 環境デザイン科科 3年 作品
遠藤 佑季 愛知県立猿投農林高等学校 環境デザイン科 3年 作品
長坂 ちひろ 山梨県立農林高等学校 造園緑地科 3年 作品
山口 彩香 新潟県立上越総合技術高等学校 建築・デザイン科 3年 作品
和田 優一 滋賀県立湖南農業高等学校 環境緑地科 3年 作品
■街区公園部門
瀧山 若菜 滋賀県立八日市南高等学校 緑地デザイン科 3年 作品
端 哉汰 滋賀県立八日市南高等学校 緑地デザイン科 3年 作品
谷口 亮太 滋賀県立八日市南高等学校 緑地デザイン科 3年 作品
■商業施設部門
橋 奎吾 長野県須坂園芸・須坂創成高等学校 造園科 3年 作品
■実習作品部門
伊藤 亮平 山口県立宇部西高等学校 総合学科 3年 作品
伊藤 安里 東京都立農業高等学校 緑地計画科 3年 作品
道本 理奈 山口県立宇部西高等学校 総合学科 3年 作品
佳 作(10点)
【一般の部】(1点)
■街区公園部門
後藤 昌巳 (株)景観プランニング   作品
【大学生の部】(4点)
■住宅庭園部門
出田 千賀 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
村上 徹 E&Gアカデミー 総合コース 1年 作品
■街区公園部門
大崎 晃寛 名城大学 生物環境科学科 4年 作品
■実習作品部門
永嶺 崚太 西日本短期大学 緑地環境学科 2年 作品
【高校生の部】(5点)
■住宅庭園部門
中根 淑里 滋賀県立八日市南高等学校 緑地デザイン科 3年 作品
瀬古 美沙希 山梨県立農林高等学校 造園緑地科 3年 作品
■街区公園部門
香村 朋佳 愛知県立猿投農林高等学校 環境デザイン科 3年 作品
■商業施設部門
小宮山 桃加 長野県須坂園芸・須坂創成高等学校 造園科 2年 作品
澤田 隼弥 愛知県立猿投農林高等学校 環境デザイン科 3年 作品
奨学賞 (21点)
【高校生の部】
■住宅庭園部門
柳生 由也 岡山県立興陽高等学校 造園デザイン科 3年
神庭 友加里 島根県立松江農林高等学校 環境土木科 3年
岩田 悠里 埼玉県立熊谷農業高等学校 生物生産技術科 3年
三田 真麻 埼玉県立鳩ヶ谷高等学校 園芸デザイン科 3年
勝身 雪子 茨城県立石岡第一等学校 造園科 3年
岡田 詩織 群馬県立勢多農林高等学校 緑地土木科 2年
竹内 はるな 愛媛県立伊予農業高等学校 環境開発科(緑地類型) 3年
池田 宥子 岐阜県立加茂農林高等学校 造園科 3年
渋谷 明 東京都立農芸高等学校 緑地環境科 3年
大澤 紫織 埼玉県立児玉白楊高等学校 環境デザイン科 3年
清水 柚美子 埼玉県立熊谷工業高等学校 建築科 3年
阿部 史佳 神奈川県立相原高等学校 環境緑地科 1年
榎本 輝 群馬県立藤岡北高等学校 環境土木 3年
石坂 拓祥 鳥取県立倉吉農業高等学校 環境科 3年
■街区公園部門
鈴木 美夏 神奈川県立中央農業高等学校 園芸科学科 3年
鈴木 大暉 三重県立四日市農芸高等学校 環境造園科自然環境コース 3年
椙尾 美羽 埼玉県立いずみ高等学校 環境デザイン科 3年
井上 匠 京都府立農芸高等学校 環境緑地科 3年
■商業施設部門
杉山 京香 静岡県立静岡農業高等学校 環境科学科 3年
佐伯 陸、文屋 勇人 兵庫県立尼崎工業高等学校 建築科 3年
■実習作品部門
齊藤 尋宣 岩手県立花巻農業高等学校 環境科学科 3年

■ 第42回 審査講評

藤井英二郎 委員長
(千葉大学園芸学部教授)

 今回は昨年より約1割多い439件の応募があり、2年続いて増加しました。
 例年、社会的課題も視野に入れた楽しいデザインが多い高校生の住宅庭園部門ですが、今回は少し物足りませんでした。
 住宅は生活の中心ですので夢のある住宅庭園を提案して下さい。
 一方、大学生の実習作品には素晴らしいものが多く見られました。
 自然を活かしながら、人の行動や感覚にも違和感を与えないことが特徴の造園デザインでは、施工・管理段階での設計が不可欠で、表彰作品にはその積み重ねを伺うことができました。
 ここ1、2年、街区公園に素晴らしい設計が少ないように思います。
 面積2,500uの広さを実感し、周辺の土地利用を想像しながら、地域生活の核となる公園設計を期待しています。
 社会資本の管理が大きな課題になっている今日、多くの分野で若手技術者不足が懸念されています。
 消費よりは循環が大切な定常型社会では造園が大きな役割を担わなければなりませんので、今回表彰された方々は若手技術者の先頭に立って活躍されるよう期待いたします。

田畑淳一 委員
(文部科学省初等中等教育局児童生徒課産業教育振興室教科調査官)

 今年度の応募数は、昨年度を一割ほど上回った。
 審査は、甲乙つけがたく長時間になったが、応募された生徒の皆さんの日頃の学習の成果と作品を仕上げるひたむきな姿勢を垣間見ることができうれしい限りだ。
 これまでの皆さんの努力と御指導いただいた先生方に改めて敬意を表したい。
 今年度の文部科学大臣賞は、僅差ではあるが各作品の評価が高く、各部門できめ細かに指導されていた滋賀県立八日市南高等学校とさせていただいた。
 ここ数年、各校の指導力も向上し、指導者も世代交代に入ってきたことからどの学校が文部科学大臣賞を受賞してもおかしくなくなってきた。
 次年度へ向け他校の指導力向上に期待している。
 作品制作には、日頃から常に感性を高めるトレーニングや基礎的・基本的な技術習得が必要で、地道な取り組みが不可欠である。
 実習作品は地域のイベントや文化祭等で作成する機会や課題研究等による卒業制作等をうまく活用することで挑戦できる内容であり、学習成果を外部で評価いただく機会として捉え、教育的視点で応募へ向けた学習計画から整理することも必要ではないかと考える。
 また、全国農業高等学校長協会では、本年度から「アグリマイスター顕彰制度」という農業学習に取り組む生徒の皆さんの各種検定や資格、競技会等での取り組みを獲得ポイントで評価し、学ぶ目標を明確にする制度が創設された。
 造園デザインコンクールもその対象になっていることから今後の出品数並びに知識・技術のレベルアップにつながることを期待している。
 当コンクールの更なる充実・発展を祈念し講評とする。

町田誠 委員
(国土交通省都市局公園緑地・景観課緑地環境室長 )

 課題となっている2,500u程度の空間は、都市内において狭い空間ではないが公園としては決して広くはない。
 通常であれば、空間を分節化せずに公園全体を見渡すことができる一体の空間構成とし、そこに一つの主題を設けたくなるところだが、作者は訪れるであろう利用者の多様性に、空間の分節化によって対応しようとしている。
 直径20m程度のふたつの円形の広場を中心としてどのような公園の利用が生まれるか。
 滝の石組みから板張りの広場に沿う流れは心字へと注ぎ、一方のモザイク状にデザインされたアンツーカー舗装の広場はケヤキ、コナラ、ソヨゴ、イロハモミジなどの木々に囲まれている。
 小さな築山の広場、パーゴラベンチの広場もそれぞれが特徴的な樹種によって個性づけされているが、全体として連続した空間として無理なく配置されている。
 地割や地面の処理の仕方は西洋風であるが、修景的な処理、空間構成要素はかなり和風であって、現代的な都市空間の中の日本風の公園として、多様な年齢層の人々が共存して憩い得る空間の可能性を感じさせる。

篠沢健太 委員
((公社)日本造園学会理事)

 (公社)日本造園学会会長賞は東北工業大学大学院の相澤那樹さんが受賞されました。
 本作品は、商業空間を対象にボロノイ分割のアルゴリズムを用いた空間構成や落葉や廃棄物の再利用によるメタンガス利用など、新たな技術への積極的な挑戦の独創性、先進性が評価されました。
 工業系大学院で建築を専攻する本作品は異分野の提案にありがちな造園との乖離がみられず植栽も適度な納まりで表現されていましたが、これには造園業を営む父親の存在が大きかったとのことでした。
 本作品は異分野との協力と違和、反発を経た優れたコラボレーションとしても高く評価できます。
 今後、建築分野に進んでも、造園に理解ある人材として協働を続けてもらいたいです。

大室徳治 委員
(全国高等学校造園教育研究協議会理事長)

 街区公園の応募は順調に増加していますが、商業施設については、大学生の応募が非常に少ない状態です。
 高校生については、課題の理解度が進んできたようで、増加傾向です。
 今後に期待が大きいと思われます。
 今回から、全国農業高校長協会から特別賞をいただくことが出来ました。
 関係諸団体のお力添えに深謝いたします。
 作品は、住宅庭園や実習作品に素晴らしい作品が多くあり感激しました。
 それに比べ、街区公園や商業施設はやや見劣りする作品があり残念でした。
 町で買い物をしながら、公園や広場を使いながら、周囲を観察することも大切かと思います。
 全国高校造園教育研究協議会会長賞は、奈良県立磯城野高校の稲本君が受賞されました。
 本作品は「母への愛」をテーマに、母に対する優しさを、曲線やバラ、花壇で表現したものです。
 母への気持ちがとても良く現れている作品でした。
 次回も多数の素晴らしい作品の応募を期待しております。

鈴木一志 委員
(全国高等学校造園教育研究協議会副理事長)

 今年も数多くの応募をいただき誠にありがとうございました。
 特に複数の作品を応募していただいている学校の生徒さんや先生方、大変感謝申し上げます。
 毎年のことではありますが、今回も斬新な発想で熱心に取り組まれている作品が数多く目を引きました。
 また、表現方法も様々で、造園デザインのコンクールであることを改めて認識することができました。
 今回は住宅部門等の詳細に若干の変更がありましたが、お気づきにならなかった生徒さんの応募が気になりました。
 生徒さん自身が応募要項を確認することはもちろんですが、ご指導されている先生方も応募要領のチェックとともに、課題の変更点を見落とさないようにご注意いただきますようお願いいたします。

萩野一彦 委員
((一社)ランドスケープコンサルタンツ協会理事・技術委員会委員長)

 (一社)ランドスケープコンサルタンツ協会会長賞は、全作品の中で、着想・デザイン等の最も優れた作品として、西日本短期大学の神田奈緒さんの実習作品「つながる庭」が受賞されました。
 造園デザインの特徴は、植栽による空間デザインであること以外にも、大きな特徴として、設計と施工が一体となって具体化していく行為であること、自然地形を使って風景や環境をデザインしていくことの2点が挙げられます。
 この実習作品は、傾斜のある地形と周辺環境との関係をよく理解し、デザインコンセプトの検討から、原寸大までの様々な模型によるスタディをチーム全員で共有した上で、緻密に施工計画をたて短期間で工事を完成させています。
 また、施工中に明らかになった設計上の課題を解決する設計変更も行われたことも確認できました。
 指導された先生の造園教育理念も含め、造園デザインのあるべき姿を感じることができました。

卯之原昇 委員
((一社)日本造園建設業協会業務執行理事・技術委員長)

 今年度の(一社)日本造園建設業協会会長賞には、多くの作品の中から、計画・施工・利用についてもっとも優れた作品ということで、住宅庭園部門から和田優一さん(滋賀県立湖南農業高校)の「露地の系譜」が受賞されました。
 作品は、玄関から茶室に通じる露地と流れを中心とした庭園で、茶道を極めた千利休の露地、弟子の古田織部や小堀遠州の庭など、茶人の庭を取り入れようと一生懸命努力と工夫された様子を伺うことが出来た作品でした。
 応募者、指導者の皆様に感謝するとともに、今後も多くの皆様が造園業界に入職され活躍されることを期待しております。

風間啓秀 委員
((一社)日本造園建設業協会事業委員会副委員長)

 今回は大学の実習作品に優秀な作品が多くその中で私が特に印象に残りましたのは通常では施工に不向きと考えられていた階段真下の空間を利用した実習作品で今後の造園業に一つのヒントを与えてくれた作品と感じました。
 今回の(一社)日本造園建設業協会会長賞は昨年国土交通大臣賞を受賞された滋賀県立湖南農業高等学校和田優一さんの作品『露地の系譜』というテ―マで露地すなわち茶庭のわびさびを考えデザインされた住宅庭園の作品でした。
 今回、前回と2年連続約1割程応募総数が増ており次回に過去最多の第34回464作品を超えることを期待し皆様の御応募お待ちいたします。

■ 歴代の結果

開催年度 応募総数 ※文部科学大臣奨励賞 入選した高校及び佳作に該当した高校の一部
43 28年度 342 山梨農林高校(山梨) 滋賀・湖南農業高校、山口・宇部西高校、奈良・磯城野高校、滋賀・八日市南高校、山梨・農林高校、東京・国学院大学久我山高校、静岡・静岡農業高校、愛知・猿投農林高校、長野・須坂園芸・須坂創成高校、広島・西条農業高校、京都・農芸高校、岩手・花巻農業高校
42 27年度 439 八日市南高校(滋賀) 滋賀・湖南農業高校、山口・宇部西高校、奈良・磯城野高校、滋賀・八日市南高校、山梨・農林高等高校、新潟・上越総合技術高校、東京・都立農業高校、愛知・猿投農林高校、長野・須坂園芸・須坂創成高校
41 26年度 399 須坂園芸高校(長野) 長野・須坂園芸高校、滋賀・八日市南高校、滋賀・湖南農業高校、山梨・農林高等高校、京都・農芸高校、愛知・猿投農林高校、山口・宇部西高校、島根・松江農林高校
40 25年度 360 須坂園芸高校(長野) 長野・須坂園芸高校、滋賀・八日市南高校、山梨・農林高等高校、京都・農芸高校、愛知・猿投農林高校、岩手・花巻農業高校、、埼玉・児玉白楊高校、三重・四日市農芸高校、山口・宇部西高校、埼玉・熊谷農業高校
39 24年度 352 須坂園芸高校(長野) 長野・須坂園芸高校、愛知・猿投農林高校、滋賀・八日市南高校、山梨・農林高校、京都・農芸高校、神奈川・相原高校、愛知・鶴城丘高校
38 23年度 394 滋賀県立八日市南高等学校 長野・須坂園芸高校、愛知・猿投農林高校、滋賀・八日市南高校、岩手・花巻農業高校、埼玉・熊谷農業高校、山口・宇部西高校、京都・農芸高校
37 22年度 347 須坂園芸高校(長野) 群馬・勢多農林高校、埼玉・熊谷農業高校、長野・須坂園芸高校、三重・上野農業高校、滋賀・八日市南高校、京都・農芸高校、広島・西条農業高校、山口・宇部西高校
36 21年度 370 須坂園芸高校(長野) 岩手・巻農業高校、群馬・勢多農林、東京・農芸高校、長野・須坂園芸高校、愛知・猿投農林、京都・農芸高校、滋賀・八日市南高校、広島・西条農業高校、島根・松江農林、山口・宇部西高校
35 20年度 349 須坂園芸高校(長野) 群馬・勢多農林、埼玉・児玉白楊高校、埼玉・熊谷農業高校、長野・須坂園芸高校、滋賀・八日市南高校、京都・府立農芸高校、広島・庄原実業高校、島根・松江農林高校
34 19年度 464 須坂園芸高校(長野) 岩手・水沢農業高校、群馬・勢多農林、埼玉・児玉白楊高校、長野・須坂園芸高校、岐阜・加茂農林高校、滋賀・八日市南高校、滋賀・長浜農業高校、島根・松江農林高校
33 18年度 404 須坂園芸高校(長野) 群馬・勢多農林、長野・須坂園芸高校、岐阜・加茂農林高校、滋賀・八日市南高校、兵庫・農業高校
32 17年度 411 須坂園芸高校(長野) 群馬・勢多農林、長野・須坂園芸高校、神奈川・中央農業高校、岐阜・加茂農林高校、滋賀・八日市南高校、京都・農芸高校
31 16年度 388 加茂農林高校(岐阜) 東京・農芸高校、神奈川・中央農業高校、長野・須坂園芸高校、岐阜・加茂農林高校、京都・農芸高校、滋賀・八日市南高校
30 15年度 344 八日市南高校(滋賀) 東京・農芸高校、長野・須坂園芸高校、岐阜・加茂農林高校、愛知・稲沢高校、京都・農芸高校、滋賀・八日市南高校、湖南農業高校
29 14年度 356 八日市南高校(滋賀) 京都・農芸高校、大阪・府立園芸高校、滋賀・八日市南高校、岐阜・加茂農林高校、広島・西条農業高校、岡山・興陽高校、山口・宇部西高校
28 13年度 358 加茂農林高校(岐阜) 北海道・岩見沢農業、京都・農芸高校、大阪・府立園芸高校、滋賀・八日市南高校、滋賀・湖南農業高校、広島・西条農業高校、山口・宇部西高校
27 12年度 334 岩見沢農業(北海道) 岐阜・加茂農林高校、滋賀・八日市南高校、広島・西条農業高校、山口・宇部西高校
26 11年度 358 加茂農林高校(岐阜) 北海道・岩見沢農業高校、群馬・勢多農林、栃木・小山北桜高校、神奈川・相原高校、京都・農芸高校、滋賀・八日市南高校、広島・西条農業高校、香川・大川東高校
25 10年度 321 八日市南高校(滋賀) 栃木・鹿沼農業高校、愛知・稲沢高校、岐阜・加茂農林高校、京都・農芸高校、山口・宇部西高校、熊本・北稜高校
24 9年度 253 加茂農林高校(岐阜) 群馬・藤岡北高校、滋賀・八日市南高校、京都・農芸高校、広島・西条農業高校、静岡・静岡農業高校、山口・宇部西高校
23 8年度 271 加茂農林高校(岐阜) 東京・農芸高校、滋賀・八日市南高校、京都・農芸高校、広島・西条農業高校、島根・松江農林高校
22 7年度 307 八日市南高校(滋賀) 群馬・勢多農林高校、東京・農芸高校、岐阜・加茂農林高校、静岡・静岡農業、滋賀・八日市南高校、京都・農芸高校、広島・西条農業高校、庄原実業高校、山口・宇部西高校
21 6年度 260 藤岡北高校(群馬) 東京・農芸高校、群馬・藤岡北高校、京都・農芸高校、北海道・岩見沢農業高校、静岡・静岡農業、東京・農業高校、滋賀・八日市南高校、埼玉・与野農工高校、千葉・茂原農業高校
20 5年度 243 農芸高校(京都) 京都・農芸高校、北海道・岩見沢農業高校、岩手・久慈農林高校、千葉・旭農業高校、東京・農芸高校、群馬・藤岡北高校、栃木・小山園芸高校、滋賀・八日市南高校
19 4年度 192 静岡農業(静岡) 静岡・静岡農業高校、京都・農芸高校、東京・園芸高校、山口・宇部西高校、兵庫・有馬高校
18 3 年度 211 静岡農業(静岡) 静岡・静岡農業高校、京都・農芸高校、埼玉・杉戸農業高校、北海道・岩見沢農業高校、群馬・藤岡北高校、山口・宇部西高校
17 2年度 145 農芸高校(京都) 埼玉・杉戸農業高校、与野農工高校、北海道・岩見沢農業高校、群馬・藤岡北高校、静岡・静岡農業高校、山口・宇部西高校、京都・農芸高校、滋賀・湖南高校、香川・大川東高校
16 平成元年度 125 静岡農業(静岡) 埼玉・杉戸農業高校、与野農工高校、静岡・静岡農業高校、磐田農業高校、群馬・藤岡北高校、栃木・小山園芸高校、岐阜・加茂農林高校、兵庫・有馬高校、東京・園芸高校、京都・農芸高校
15 63年度 80 磐田農業(静岡) 埼玉・杉戸農業高校、与野農工高校、群馬・藤岡北高校、京都・農芸高校、山口・宇部西高校、東京・園芸高校、岐阜・加茂農林高校、静岡・静岡農業高校、磐田農業高校、茨城・石岡第一高校、神奈川・相原高校
14 62年度 85 磐田農業(静岡) 埼玉・与野農工高校、杉戸農業高校、静岡・静岡農業高校、磐田農業高校、群馬・藤岡北高校、京都・農芸高校、東京・園芸高校、岐阜・加茂農林高校、栃木・小山園芸高校、沖縄・中部農林高校
13 61年度 88 藤岡北高校(群馬) 栃木・小山園芸高校、鹿沼農業高校、埼玉・杉戸農業高校、与野農工高校、神奈川・相原高校、群馬・藤岡北高校、岐阜・加茂農林高校、静岡・静岡農業高校、磐田農業高校、東京・園芸高校、京都・農芸高校、徳島・徳島農業高校
12 60年度 89 栃木・小山園芸高校、鹿沼農業高校、埼玉・杉戸農業高校、与野農工高校、神奈川・相原高校、東京・園芸高校、群馬・藤岡北高校、岐阜・加茂農林高校、岡山・興陽高校、宮城・柴田農林高校・沖縄、中部農林高校、
11 59年度 59 千葉・茂原農業高校、静岡・静岡農業高校、栃木・小山園芸高校、鹿沼農業高校、埼玉・杉戸農業高校、東京・園芸高校、山口・宇部西高校、岐阜・加茂農林高校、岡山・興陽高校
10 58年度 82 埼玉・茂原農業高校、神奈川・相原高校、静岡・静岡農業高校、栃木・小山園芸高校、鹿沼農業高校、東京・園芸高校、埼玉・杉戸農業高校、岐阜・加茂農林高校、広島・沼南高校高校、宮城・柴田農林高校
9 57年度 80 埼玉・与野農工高校、杉戸農業高校、神奈川・相原高校、栃木・小山園芸高校、岐阜・加茂農林高校、山口・宇部西高校
8 56年度 115 千葉・茂原農業高校、神奈川・相原高校、静岡・静岡農業高校、栃木・小山園芸高校、東京・園芸高校、埼玉・杉戸農業高校、岐阜・加茂農林高校、沖縄・中部農林高校
7 55年度 101 千葉・茂原農業高校、神奈川・相原高校、静岡・静岡農業高校、栃木・小山園芸高校、鹿沼農業高校、東京・園芸高校、岐阜・加茂農林高校
6 54年度 106 千葉・茂原農業高校、神奈川・相原高校、静岡・静岡農業高校、宮崎・宮崎農業高校、東京・園芸高校、新潟・巻農業高校
5 53年度 132 千葉・茂原農業高校、埼玉・与野農工高校、神奈川・相原高校、宮崎・宮崎農業高校
4 52年度 178 千葉・茂原農業高校、静岡・静岡農業高校、東京・園芸高校、神奈川・相原高校、新潟・巻農業高校、宮崎・宮崎農業高校
3 51年度 312 千葉・茂原農業高校、埼玉・与野農工高校、静岡・静岡農業高校、神奈川・相原高校、東京・園芸高校、宮城・柴田農林高校、愛知・稲沢高校、栃木・小山園芸高校、熊本・玉名農業高校
2 50年度 214 千葉・茂原農業高校、栃木・小山園芸高校、東京・園芸高校、茨城・石岡第一高校、神奈川・相原高校、愛知・稲沢高校、兵庫・兵庫農業高校
1 昭和49年度 84 千葉・茂原農業高校、成田園芸高校、埼玉・与野農工高校、静岡・静岡農業高校、神奈川・相原高校、東京・園芸高校、宮城・柴田農林高校、山梨・山梨農林高校、栃木・小山園芸高校

※平成11年度まで「指導奨励賞」、昭和60年度以前は該当賞の設置なし

ページトップへ戻る
COPYRIGHT(C)2004- JAPAN LANDSCAPE CONTRACTORS ASSOCIATION.ALL RIGHTSRESERVED.